Concept

ZERO GROUPの美容・美容業界に対する考え方~コンセプト~

福岡県行橋市で美容室「ZERO(ゼロ)」「HOTMILL(ホットミル)」「be-up(ビーアップ)」を運営するサロングループ「ZERO GROUP」のコンセプトをご紹介します。

私たちは、地域の美容院としての長い歴史を持つだけでなく、若手美容師の育成はじめ今後の美容業界の革新に貢献するため、日々さまざまな取り組みを行っています。
サロンコンセプトは、そういった活動の下地となるものです。

SALON CONCEPT~お客様のさらなる美を追究するために~

私たちZERO GROUPは、常にお客様の美を最大限に引き出し、魅せるためのスタイルを研究し続けてきました。それぞれのスタッフが自分の技術を磨くこと、それらをサポートする美容院としてスタイリスト育成体制にも力を入れています。同時に、当グループでは、さらにその技術を光らせる製品・商品開発も手がけ、国内外での数々の特許や実用新案登録を取得しています。

ZERO GROUP独自開発の商品について

多くのお客様が美容師の技術力の難しさはカットにあると思われています。しかし、実際に美容師として活動している者としていえることは、カットよりもパーマの方が何倍も難しいと考えています。理由としては、一人ひとりのお客様ごとに髪の条件が異なること、一人ひとりのご希望が異なること、パーマで髪を痛めないこと、手入れをしやすいスタイルにすること、長持ちすること――これらをすべて兼ね備えた仕上がりにすることが非常に難しいからです。

当グループ代表の久保は20数年前から過酸化水素水に着目。当時は美容師の間でも過酸化水素水は悪いイメージを持たれていましたが、その長所を活用した製品を開発し、普及に貢献しました。現在では、ストレートパーマでの95%以上、通常のパーマの45%以上で過酸化水素水が使用されています。

また、パーマ液の完成とほぼ同時に弱点として浮上したのが、ロッドの欠点です。これを解消するため、巻きやすく、カールも自在に調整でき、頭皮への負担が少ないロッドの開発を手がけました。さまざまな有名メーカー様の優秀な人材を投入していただいて共同開発したのが発泡ゴム製のロッド。完成後は、日本でも特許を取得した自信作です。

実は、これらの商品は、いずれも商売としての成功はあまり大きなものにはなりませんでした。しかしながら、唯一ZEROのお客様からは、「パーマ」に対する評価を高くいただいています。これは何よりも率直でありがたいご評価だと思います。現在でも、私たちの美容室では、このロッド以外を使用することはほとんどありません。パーマに伴うさまざまな問題点「くさい」「傷まない」「長持ちする」を実現したZEROのパーマをぜひご体験ください。

代表者 久保義明 略歴

久保義明

福岡県生まれ
工業高校卒業後、株式会社東芝の設計部に所属。完成後円満退社ののち、東京マックス美容学校夜間部に入学。
卒業後は都内美容室数店舗を経て帰郷。行橋市で「ゼロ美容室」をオープン。
現在は福岡県内外に4店舗を経営。
国内外にて講師活動をするかたわら、美容関連商品の研究開発も手がける。

過去の開発品には特許商品・実用新案登録を行ったものが多い。
2014年には久保メソッドの一つである「左手の重要性」が、東京大学との共同研究で科学的に立証される。これまでの教育活動の功績が認められ、アルベルト・シュヴァイツァー功労賞を受賞。
次世代のため業界改革に日々奮闘中。

久保 義明 History
1950
福岡県に生まれる
1973
株式会社東芝の設計部に所属。当時国内最大出力の原子力発電所の復水器の基本設計を担当、終了後円満退社。
東京マックス美容学校夜間部に入学
1975
都内数店舗を経て、下北沢の「美容室Cut of Shu」に入店。
恩師 山田修先生から「美容に対する考え方」「技術の基本」を教わる。
この考え方は現在まで変わっていない
1978
行橋市で「ゼロ美容室」を開業
1986
「STAGE美容室」開業

過酸化水素を2剤に使うパーマ剤と出会う。多くの問題点を含んではいたが、繊細でデリケート、そしてやさしい一面を発見
1988
自社ブランドを起ち上げる
1993
過酸化水素水のパーマ剤3品、エッセンス、縮毛矯正剤を商品開発
1999
株式会社ミトヨ様ほか、トヨタ系の世界的な発泡ゴムメーカー開発部の方々の協力の下、発泡ゴムでの「エアプレスロッド(APロッド)」を開発
2004
30種類以上の栄養素をたっぷり使用した「B&Bエッセンスローション」と「B&Bカーリングローション」(化粧品登録)を発表
2005
エアプレスロッドが2件の特許を取得
2006
日本初、パーマで髪質を改善する「セッティングパーマ」を完成
2007
癒しがテーマの「ホットミル美容室」開業

パーマ&カット練習器具「PORICA(ポリカ)」を開発
世界特許出願
2008
ゼロ美容室が創立30周年
2009
デジタルパーマに代わる、ダメージが少なく、リッチの深い、もちのよいオリジナルパーマの開発に着手
2010
ワゴン・エプロン・ロッドケースで実用新案を特許庁より取得。4年に1度開催される、アジア最大の美容商品見本市(ABEX)に出展。好評を博す
2011
パーマ&カット練習器具「PORICA」中国にて特許取得
美容効率商品ペーパーBOXで実用新案を取得
2012
ラグジュアリーがテーマの「be-up美容室」開業
パーマ&カット練習器具「PORICA」、イギリス、台湾、韓国、アメリカにて特許取得
2013
パーマ&カット練習器具「PORICA」日本特許取得
2014
「左手の重要性」について東京大学と共同研究。科学的に立証される。
中学生・高校生を対象としたカット塾「ジュニアヘアドレッサーズスクール」を開講

ZERO GROUPへのお問い合わせはこちらからどうぞ Contact

Zero Style

ページトップへ